ひょうたん鍼灸接骨院

首の痛みについて

パソコンやスマートフォンを手放せない現代人にとって首の痛みを訴えている人は日々増えています。生活状況によってどのような首の痛みが起こるのか見ていきましょう。パソコンやスマートフォンを使用して起こる首の痛みは、長時間同じ姿勢を続けたことで筋肉が緊張し痛みをおこします。

 

うつむいた姿勢は首に負担がかかりやすいので、スマートフォンを一度置いて目を休めるのと同時に首も休めましょう。次に運動不足です。運動不足は筋力の低下で、慢性的な筋肉の緊張をおこします。休憩時間に簡単な首と肩のストレッチを行うことが効果的です。

 

首の痛みの対策について

枕が合っていない場合、首の一部分の筋肉だけに強く負担がかかり、寝違えの原因になってしまいます。痛みのある方向に無理に動かす行為はさけてください。

 

数日で治らなければ整形外科の受診をお勧めします。ストレートネックはよく問題にされていますが、これは長時間同じ姿勢を続けたことにより、頚椎が自然なカーブを描いておらず真っ直ぐ描いている方をいいます。肩凝りや手の痺れが原因とされていますが、体格や姿勢の違いと捉えることもあり個人差が影響します。

 

首の痛みと症例について

肩腕症候群

首の痛みの症状でよく診断されるものとして、まず頸肩腕症候群があります。これは骨や関節が原因となり、首が回らない腕がだるいなど腕が同じ位置にあることによっておこります。

 

頚椎症

次に、頚椎症があり、首の骨と骨の間でクッションの役割をしている椎間板が加齢や衝撃によって潰れてしまい、痛みをおこしてしまいます。

 

椎間板ヘルニア

また、椎間板ヘルニアは、椎間板が正しい位置から飛び出してしまう病気です。飛び出した椎間板が近くの神経を圧迫し痛みや痺れをおこします。

 

胸郭出口症候群

胸郭出口症候群は、鎖骨のあたりの神経が狭くなって圧迫されるタイプと、なで肩により腕に下りていく神経が下の方に引っ張られておこるタイプがらあります。洗濯を干す、棚から物を下ろす時の動作で痛みが悪化します。

 

外傷性頸部症候群

外傷性頸部症候群は、事故などで首を捻挫し長期間にわたり首が回らなくなった状態をいいます。筋肉や靭帯に損傷を受けるので痛みが続くことがあります。いずれも動かさず安静にして、主治医の指示に従いましょう。

 

髄膜炎

髄膜炎は細菌やウイルス感染により、脳や脊髄を守っている髄膜や髄液が炎症をおこすもので、首と後頭部の痛みをともないます。首は前に曲げられない程の項部硬直がおこり、高熱や激しい頭痛が特徴です。早期の治療が必要ですので気になる症状があればすぐに受診しましょう。高血圧による肩凝りや、精神的なストレスによる緊張性頭痛は首の痛みの原因と深い関わりがあります。ストレッチや運動で治らなければ一度整形外科で相談するようにしましょう。

ご予約・お問い合わせ

電話
  • 営業時間
  • お問い合わせ

ひょうたん鍼灸接骨院

住所:〒451-0015 愛知県名古屋市西区香呑町四丁目43番地 サウステラス103号室

アクセス:名古屋市バス13系統 香呑町バス停下車(バスを降りて目の前)
地下鉄 鶴舞線【庄内通駅】下車 徒歩 約8分