ひょうたん鍼灸接骨院

肩こりについて

日本人においては国民病とも言えるほど多くの方が日頃から感じている不調が肩こりですが、欧米などでは肩こりという症状が伝わらないほど不調を感じている方が少ないです。
その理由は日本人と欧米人の体付きが関係しており、日本人というのは欧米人に比較すると頭部が大きいのにも関わらず、首と肩を含む全身の骨格が華奢であるが故に肩こりに悩まされやすくなっています。

 

 

つまり、肩こりの原因というのは根本的に身体のつくりが影響しているのですが、一言で肩こりとは言っても患者により部位や症状が異なるように引き金になっている事が異なるので、正しい原因を特定しなければ慢性的に不調に悩まされ続けます。

 

肩こりの原因について

肩こりの原因は千差万別であるものの突出して多いのは同一の姿勢を続ける事と運動不足、眼精疲労とストレスです。そして、近年の医療技術の進歩により判明した事実として血圧は肩こりの原因になり得るという事であり、これまでは比較的血圧が低く推移している低血圧の方が肩こりに悩まされやすいと考えられてきましたが、新たなる結果としては高血圧の方の中にも決して肩こりの患者が少ないわけではないという事です。

 

低血圧と高血圧が真逆であるように、肩こりとは言っても肩こりの原因と予防方法は著しく異なるので、個々の体質や行いを十分に把握してから正しいアプローチを施す事が重要です。

 

 

肩こりの原因になりやすい人の共通点

 

取り分けて多い4つの原因の中で現代人ならではと言えるのが同じ姿勢を続ける事と眼精疲労であり、2つは別々の問題であるものの連動していると考えても構いません。

 

それはビジネスシーンやプライベートシーンでのパソコンの作業やスマートフォンの操作が影響しており、どちらも同じ姿勢を保持したまま行う上にディスプレイを凝視して作業を進めるという共通点があります。パソコンやスマートフォンを操作している時は、多くの方が無意識的に首を前に出すような姿勢をしている上に、両肩も前に出して肩甲骨を含めた背中全体を丸めるような様相になっています。

 

首と両肩が前に出ているような姿勢は首と肩の筋肉が緊張状態に陥りやすいので、筋肉が常に緊張状態になり疲労が蓄積してしまい血流が悪化し肩こりへと繋がります。さらに、パソコンやスマートフォンの画面は明るい事に加えて表示される文字のサイズが小さいので、目の毛様筋も緊張状態になる上に瞬きをする回数も減少するため眼精疲労を引き起こし肩こりの原因へと繋がっていきます。

ご予約・お問い合わせ

電話
  • 営業時間
  • お問い合わせ

ひょうたん鍼灸接骨院

住所:〒451-0015 愛知県名古屋市西区香呑町四丁目43番地 サウステラス103号室

アクセス:名古屋市バス13系統 香呑町バス停下車(バスを降りて目の前)
地下鉄 鶴舞線【庄内通駅】下車 徒歩 約8分